感染症罹患時の出席停止および登園許可について

 当園では、右ページに記載されている感染症にかかった場合、学校保健安全法施行規則に準じて出席停止期間を定めています。感染症が疑われる場合は必ず受診し、医師の診断を受けて、感染症であると判断された場合は園まで報告してください(その日より出席停止扱いになります)

 また、出席停止後、登園を再開するときには医師の許可が必要です。下記のリンクより「登園許可書」をダウンロードし、必要事項にご記入の上、園に提出してください。

 お子さんやまわりの園児さんの健康を守るため、ご理解とご協力をお願いいたします。


   登園許可書はコチラ → touenkyokasho.pdf (98KB)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
下のアイコンをクリックして、Adobe社のサイトでダウンロードできます。

Get ADOBE

登園許可書

082

出席停止が必要な疾患

第1種感染症  
エボラ出血熱・ペスト・鳥インフルエンザ・新型インフルエンザなど

第2種感染症
インフルエンザ・麻しん(はしか)・水痘(みずほうそう)・風しん(3日はしか)・咽頭結膜熱(プール熱)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・百日咳・髄膜炎菌性髄膜炎・結核など

第3種感染症
腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)・急性出血性結膜炎(アポロ病)・流行性結膜炎(はやり目)・コレラ・細菌性赤痢・腸チフス・パラチフスなど

第3種 その他の感染症
溶連菌感染症・感染性胃腸炎(ノロ・ロタ・アデノウイルス等)・手足口病*・ヘルパンギーナ・マイコプラズマ感染症・RSウイルス感染症・伝染性紅斑(りんご病)・伝染性膿痂疹*(とびひ)など

*第3種その他の感染症につきましては、医師より幼稚園での感染が広がりやすいと判断された場合のみ、出席停止扱いとなり、登園の再開に際して登園許可書の提出が必要です。

*伝染性膿痂疹(とびひ)・手足口病・伝染性軟属腫(水いぼ)につきましては、医師より出席停止と判断されなかった場合でも、プール遊びの可否について指示を仰ぎ、「登園許可書」の該当欄またはおはようブックのメモ欄に記入してもらって下さい(プール遊び期間中に限る)。

登園許可書

083