むつみの特色

「子どもたちの今」を第一に考えます。

 むつみ幼稚園の主役は子ども。子どもたちがのびのび楽しく安心して生活できる場所を提供する。それが幼稚園の役割であると考えます。むつみ幼稚園の子どもたちは元気いっぱい、今を生きています。

「あいさつ」「けじめ」「おもいやり」を大事にしています。

 社会生活を営む上で重要なあいさつ、けじめ、おもいやり。むつみ幼稚園は、そんな、わかってはいてもなかなかできない「社会生活の必需品」とじっくり向き合っています。人と人、心と心のふれあいを通して、子どもたちは立派な社会の一員としてその個性を発揮できるようになるのです。

 第1章 むつみの保育(どんなところ?・むつみの特色)

000

「行事」に力を入れています。

 運動会、音楽会、生活発表会。いつもと違う雰囲気のなか、がんばった成果をみんなの前で発表する。行事を体験した子どもたちは一回りも二回りも大きくみえます。むつみ幼稚園は子どもたちのがんばりを応援しています。  →むつみの一年

「特色豊かな専門教育」を実施しています。

 音楽、アート、英語、体操。むつみ幼稚園は、正課保育として講師の先生を招いて専門教育を行っています。どれもみんな特色豊か。単なる知識や技術の伝達が目的なのではありません。子どもたちが個性をいかんなく発揮できる。それがむつみようちえんの理想です。  →むつみの正課保育

「家庭や地域とのつながり」を大切にしています。

 むつみ幼稚園はご家族の方や地域のみなさんに支えられています。いろんな行事はもちろんのこと、普段からもたくさんの人と交流しています。むつみようちえんがある阪南町は風情ある町並みと人情が残る下町。子どもたちはあたたかいふれあいを通して社会の一員としての自覚を持つのです。

第1章 むつみの保育(どんなところ?・むつみの特色) 

000