リトミック 身体で表現する音楽

リトミック

 時に、子どもたちは、私たち大人がうらやましくなるくらい、心の底から楽しそうに歌ったり踊ったりします。そのヒミツはどこにあるのでしょうか?

000

 「子どもたちが身体全体で音楽を感じ、身体全体で表現しているからだ。」
 リトミックの創始者ダルクローズはそんな風に考えたかもしれません。リトミックが着目するのは音楽と身体との関わりです。
 むつみ幼稚園のリトミッククラスでは、子どもたちはピアノのメロディーやリズムにあわせてゆっくり歩いたり、おもいっきり走ったり、やさしく歌ったり、ボートをこいだり、カエルになったり、馬になったり、おばけになったりします。子どもたちは身体全体で音楽を聴き、身体全体で音楽を感じ、そして身体全体で表現するのです。
 リトミックが大切にしていること。それは、身体を使った表現を通じて、音感やリズム感を身につけること。そして何よりも身体全体で音楽を楽しむことなのです。

リトミッククラスの概要

  •  ・1クラス 30分
     ・メロディーやリズムにあわせて身体を動かす。
     ・走ったり、あるいたり、フープやボールやスカーフを使ったり。
  • 講師:上埜あつみ 先生
       リトミック指導者研究会 設立
       日本ジャック=ダルクローズ協会 第2期、第3期 理事
       大阪キリスト教短期大学 非常勤講師

000