ひらめきアート 生み出すことの楽しさ

ひらめきアート

 子どもたちは小さなアーティスト。よく言われる言葉ですが、本当にそう思います。

000

 子どもたちは日々何かを感じ、考え、そしてそれを誰かに伝えようとしています。言葉で、しぐさで、歌で、おもちゃで、粘土で、身体全体で。まさに自由な発想をもった表現者です。
 ひらめきアートが大切にするのはそういう考え方。ただ上手に描いたり、こねたり、折ったり、切ったり、貼ったりすることだけを目指しているのではありません。用意するものは新聞紙、ストロー、キッチンペーパーなどの身近な素材とちょっと気の利いたストーリー。あとは、小さなアーティストたちの思うまま、気の向くままです。子どもたちは自由な発想で、みている私たち大人をいつも驚かしてくれます。きっと彼らは、「生み出すことの楽しさ」をかみしめていることでしょう。

ひらめきアートの概要

  •  ・1クラス 30分 から 1時間
     ・身近な素材を使っての作品作り
     ・子どもたちの自由な発想を大切に
  • 講師:大形昌子 先生
       M美術造形・絵画教室 主宰
       

000